太陽光発電の「音」による問題があると言われていますが、その原因は導入すると必ず付いてくる「パワーコンディショナー」によるものです。
40デシベル程度の音が出ると言われ、一般的な音で言うとエアコンの室外機程度の音量です。
室外なら問題ありませんが、室内であれば設置場所を検討する必要があると言えます。
パワーコンディショナーはコンピューターなので稼動すると音がなります。
屋内に設置するタイプの場合、稼動時の騒音がトラブルになってしまう可能性も考えられます。
エアコンの室外機程度の音がし、マイコン制御している間は非常に高い音がでるので、不快に思うこともあります。
パワーコンディショナーが音を発することは避けられない事実です。
ではそういった音問題を緩和させるためにはどうすれば良いのでしょうか。
40デシベル程度の音はエアコンの室外機程度の音なので、屋内でなく室外に設置するタイプのパワーコンディショナーであれば、全く問題ありませんし、室内に設置するタイプでも廊下など設置する場所を工夫することで解決させることができると言えます。
パワーコンディショナーの音が発生するのは、太陽光パネルが発電する日中の時間帯だけで、夜間は自動的にスイッチがオフになるような設定になっていますので音がしません。
ただ、明け方太陽が昇るとスイッチがオンになるため、日の長い夏場などは早くから稼動して音がすることがあります。
音が比較的高温であるため大人よりも子どもの方が敏感に反応してしまう傾向があります。
そして、パワーコンディショナーは低周波の電磁波も発すると言われているので、特に子どもがいる家庭で太陽光発電を導入検討してる場合は、屋外設置型のパワーコンディショナーをおススメします。
参考:太陽光発電 音

関連記事