土台となるお肌の状態をよくする

みなさん、日焼け止めの正しい塗り方、知っていますか?
とりあえず塗ればいいと思っている方がいたらそれは大きな間違いです。

日焼け止めは特に、塗り方がとても大事です。
もし塗り忘れや塗りムラがあると、その部分だけ日焼けしてしまうこともあります。

そんなカッコ悪い失敗をしないように、日焼け止めの正しい塗り方と効果を上げる方法を知っておきましょう。

まずは、日焼け止めの正しい塗り方についてです。
日焼け止めは、塗っても落ちてしまえば効果はありません。

最初にお肌の手入れをしっかりと行い、化粧水や乳液、美容液で肌を整えましょう。

この肌のお手入れの「保湿」がとても重要です。
お手入れ後は、たっぷり5分は保湿のために時間をおきましょう。

ただ塗ればいいのではない!適量をムラなくる

次に日焼け止めを塗ります。
日焼け止めはたくさん塗ればいいというものでもありません。

だいたい、1円玉程度の量を、額、あご、鼻の上、左頬、右頬この5カ所くらいにわけて、そこからまんべんなく伸ばしながらていねいに塗ります。
これをもう一度同量を重ねて塗ることで、塗りムラもなくなり塗りすぎも防ぐことができます。

そして顔の部分で一番日焼けしやすいのは、鼻や頬の高いところです。
日焼けのしやすい部分には、もう一度念入りに薄く重ねて塗るようにするとよいでしょう。

さらに日焼け止めの上に化粧下地、ファンデーションを重ねると、より効果的に紫外線から肌を守ることができます。

基本は、化粧水(乳液、美容液)→日焼け止め→化粧下地→ファンデーションの順番がよいとされています。

乳液など含んだタイプの日焼け止めや、化粧下地として使用できる日焼け止めの場合であれば、それらをそのまま活用すると手間もなくなり時間短縮にもなるでしょう。

そして塗り忘れしてしまいやすのが、自分では見えない耳や首の後ろ、デコルテ(鎖骨や首回り)の部分です。

うっかりしてしまうと真っ赤に焼けてしまったという経験をしたかた、多いかと思います。次は忘れないようにしましょうね。

日焼け止めは、塗る際のムラや塗り忘れに気をつけていれば、塗りすぎて白浮きしてしまう失敗や、洋服についてしまうなど防ぐことはできます。
効果の上がる少量の重ね塗りをして、今年の夏は紫外線対策をするようにしましょう。

そして、日焼け止めは時間とともに落ちてきます。
様子を見ながら、2~3時間ごとに塗り直すことをおススメします。

日焼け止めについて、こちらも参考にしてください⇒プール ウォータープルーフ 日焼け止め

関連記事


    紫外線吸収剤が不使用でクレンジングなしで落とせるUVクリー アレルギーで敏感肌の方でも肌荒れせずに安心して利用出来る日焼け止めも様々でています。 その代表的なものが紫外線吸収剤不使用のノンケミカルなも…


    日焼けしない方法でおススメは飲む日焼け止めサプリです。 日焼け止めクリームではカバーできない箇所や塗りわすれで サンダル焼けやサングラス焼けの様な失態を起こすことが無くなります。 飲む日焼け止めと日焼…


    ウォーキングは結構長い間紫外線を浴びることになります。 日焼け対策はしっかりしておきましょう。 日焼け止めクリームはもちろんの事、帽子、サングラス、タオル(首用)などで 紫外線にさらされる部分を出来る…