ワキガというのは汗の臭さとは違い、鼻にツンとくる臭いがします。
ワキガの原因というのはアポクリン腺から出る汗にあります。
基本的に汗そのものは無臭で臭いがありません。
しかし、アポクリン腺から出る汗に含まれる脂質やタンパク質、糖質、アンモニアなどの成分が皮膚表面にいる常在菌により分解されることで、ワキガのツンと鼻にくる臭いになります。
しかも、ワキガの臭いに皮脂が混ざりあうと臭いはさらにキツくなってしまいます。
さらに、脇毛は汗を留めるために生えているのですが、脇毛があるがために脇の下の湿度が高くなってしまい、そこに溜まった汗と細菌が繁殖して、臭いを発する物質になってしまいます。
ワキガの原因としてあげられるのは、食事の欧米化があげられます。
食文化は大きな影響を与えていて、欧米人の7割くらいがワキガなのです。
日本人は10人に1人くらいなので、明らかに欧米人はワキガの人が多いです。
欧米の食文化がそうさしているのですが、肉類などの高カロリーと高脂肪の食べ物が皮脂腺やアポクリン腺を活発にする作用があり、鼻にツンとくるワキガの臭いになってしまいます。
日本人も欧米食を食べる機会が増えることで日本人もワキガ体質の人が増えていく原因となります。
他にもワキガの原因がありますが詳しくはこちらをご覧ください。⇒ワキガ 原因

関連記事


    自分が「すそわきが」かもしれないと思ったときにチェックするべき項目がいくつかあります。 すそわきがかもしれないと思ったときのチェックリストとして挙げられるのは 「下着が黄色く汚れてしまう」 「臭いを自…