sinisou

「多汗症」とは必要以上に汗をかいてしまう症状で、自律神経の乱れが主な原因であることが多いです。

手のひら、足の裏、頭など運動をしたわけでもないのに多量に汗をかいてしまうような症状があり、日常生活に支障が出てしまう場合もあります。

これといった原因がないのに多汗の症状がある場合を「原発性多汗症」と言い、特に脇、手、頭部の多汗の症状が多いようで、

脇の多汗(腋寡多汗症)主に思春期から青年期に発症することが多い手のひらの多汗(手掌多汗症)

幼少期から思春期に発症することが多い頭や顔の多汗(頭部、顔面多汗症)

青年期から発症することが多いと、多汗症にも発症する部位や時期などが様々あるのです。

精神的なものやストレスなど原因がはっきりとしない多汗症ですが、有効な治療法として有名なのは「プロバンサイン」という内服薬で、

多汗症薬として唯一認定されており病院でも治療薬として使用されています。

プロバンサインは汗を一時的に抑えることができる作用があります。

同様の作用のある「塩化アルミニウム製剤」の塗り薬もありますが、プロバンサインは全身の多汗の症状に効果があり、

塗り薬だと塗ることのできない頭皮などにも効果があります。

プロバンサインは病院で処方される薬で市販では購入できません。

もし多汗症かも、、生活に支障があるとお悩みの人は一度病院に受診してみると良いでしょう。

多汗症についての詳細はこちらで分かります!
多汗症

関連記事

    None Found